パニック障害 再発

パニック障害の再発率について

パニック障害は個人差が激しい病気で、なかなか完治することは難しい病気だと言われています。

 

 

 

完治する人もいれば、体調が良い状態から悪い状態の繰り返しの人、一生薬と付き合う人もいます。

 

 

 

パニック障害が完治し、治療を終えても何かのきっかけで再発してしまうというケースもあります。

 

 

 

パニック障害の再発に関して、以下のような研究結果がありました。

 

 

 

・健康を維持……約30%〜40%

 

 

・再発(以前よりも改善はしたものの、症状はあり)……約50%

 

 

・再発(以前と同じもしくは若干悪化)……約10%〜20%

 

 

 

※パニック障害が完治したとされる人のその後を調べた研究結果となっています。

 

 

 

 

この報告結果をみると、パニック障害の再発率が高いということが分かります。

 

 

 

 

しかし、パニック障害は再発率が高いというだけで、すべての人が再発するというわけではありません。

 

 

 

 

パニック障害が再発する人の多くは、パニック障害の症状が良くなってきたからといって自己判断で治療をやめてしまったり、薬を飲まなくなったり、

 

 

 

 

 

睡眠不足や疲労が続くなど、無理をしてしまい再発してしまうというケースも少なくないようです。

 

 

 

 

実際に寝不足、過労、風邪などで体力が低下している時はパニック発作を起こしやすいと言われています。

 

 

 

 

 

疲労をため込まないように、適度な休養を心がけ、規則正しい生活とバランスの良い食事が大切ですし、

 

 

 

 

 

パニック障害は完治したからといって過度の期待や無理は禁物で、根気よく治療を続けていくことも大切です。

パニック障害の再発と再発しないために

一度心の状態が安定し、パニック障害による発作が出なくなり障害を克服できたように思えても、急に再発してしまうことがあります。

 

 

・パニック障害の再発
パニック障害の治療を完全に果たすことは毎日きちんと薬を飲み続けていても難しいです。

 

 

心が安定したと思ってもちょっとの出来事が引き金でまたパニックを起こしてしまうこともあります。

 

 

もし再発してしまっても気に病む必要はありません。また病院で薬をもらい飲めば症状は緩和されます。

 

 

再発にあたり、一番良くないことは「またパニックを起こしてしまった。治ったと思ったのに、もうだめだ」と自分自身を追い込むことです。

 

 

再発は実際に起こることです。再発したとしても「そういうもんだ」と思うことで気が楽になりさらにパニックの発作を起こしにくい心の状態にもっていくことができるでしょう。

 

 

一度パニックの発作を軽減できたことがあるのだから、再発しても大丈夫だという認知療法が再発には良い効果をもたらします。

 

 

・再発しないためには?
パニック障害を再発させないためには、まずゆっくり時間をかけて完治させることが重要です。

 

 

医者の診断で必要分の薬を与えられたのに飲み続けなかったり、途中で通院に挫折して自己判断で治療していては完治は難しいでしょう。

 

 

完全にパニックを起こさない状態を保てていれば再発することは少ないので完治させることを目標としましょう。

 

 

できるだけ規則正しい生活習慣を心がけ、心も身体もストレスに負ける要因を作らない環境を整えましょう。

 

 

それでもストレスを受けてしまうものなので、上手にストレスを発散する方法も見つけてストレスをためにくい体質に改善することも必要です。

 

 

再発しない、薬を使わない克服方法はこちら→パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPへ