パニック障害とは

パニック障害とは

パニック障害は何の前触れもなく突然発作が起こることから始まります。

 

 

突然、激しい動悸、発汗、頻脈、手足のふるえ、呼吸が苦しい、息苦しい、胸部の不快感、めまいなどの症状と共に、冷静さを失い「発作が治まらなかったらどうしよう」「このまま死んでしまうのではないか」というような、強い不安感や恐怖に襲われます。

 

 

ではなぜ突然パニック障害が引き起こされるのでしょうか。

 

 

パニック障害の原因として脳内の神経伝達物質の機能異常があげられます。

 

 

ノルアドレナリンは恐怖や不安に関係している物質で、セロトニンには興奮を抑えたり精神を安定させる働きがありますが、

 

 

ノルアドレナリンとセロトニンのバランスが崩れることで、パニック障害を引き起こすのではないかと考えられています。

 

 

よってパニック障害の治療において、薬物療法が有効だとされており、薬によって脳内のセロトニンの分泌量を促す治療を行うことで、パニック障害が改善すると考えられています。

 

 

パニック発作は通常、20分〜30分程度で、長い場合でも1時間程度で治まると言われています。

 

 

突然のパニック発作でパニック状態に陥ってしまい、救急車を呼んだり、病院に駆け込む方もおられますが、パニック障害では血液検査、心電図検査などを行っても異常はみられません。

 

 

パニック障害の特徴として、呼吸が苦しい、動悸がする、吐き気などの症状があるにもかかわらずに検査をしても身体的な異常はみられないということがあげられます。

 

またパニック障害の症状として、「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」という特徴的な症状がみられます。

 

 

パニック発作を何回か繰り返すようになると、「また発作が起こったらどうしよう」という予期不安が強くなり、強い恐怖感や不安感を生じるようになり、社会生活や日常生活に支障をきたすというケースも少なくありません。

 

 

電車や人混みなど発作が起こった時に、逃げ場のないような場所や、発作を他人に見られることへの抵抗感から、さらに不安や恐怖を感じてしまうのです。

 

 

次第に発作を恐れ、電車や飛行機、映画館、美容院、人混みなど過去に発作を起こした場所を避けるようになりますが、このことを「広場恐怖」といいます。

 

 

パニック障害は放っておいて自然に治るという病気ではなく、パニック障害が悪化するとうつ病を併発することもあり、パニック障害だと診断された場合には適切な治療が必要になってきます。

 

 

パニック障害の治療法として、薬物療法、心理療法、認知行動療法、食事療法などがあります。

 

 

パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPへ