パニック障害 脳

パニック障害と脳は関係ある!?

パニック障害では、突然呼吸が苦しくなったり、動悸、めまいなどの身体症状に加え、
強い不安感や恐怖感に襲われる病気です。

 

 

 

 

動悸や呼吸が苦しいなどの症状があり、どこか体の機能に異常があるのではないか?ということを疑われ、病院で検査を受けたものの身体的な異常がみられない場合は、パニック障害の疑いがあります。

 

 

 

いきなりパニック障害だという診断を下されても、パニック障害がどんな病気なのかや、パニック障害という病気を受け入れられない方は多いのではと思います。

 

 

 

 

パニック障害は脳の病気だとされており、パニック発作が起こるメカニズムとして脳内の機能障害によるものだということも明らかになっています。

 

 

 

 

 

脳の機能が誤って作動してしまうことでパニック障害を引き起こしてしまうのですが、脳内の青斑核では不安感や恐怖感などの感情をコントロールするという重要な役割を担っています。

 

 

 

 

 

その青斑核という部位の機能が正常に働かなくなってしまうとパニック発作が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

脳が誤って作動してしまう原因としては、脳内の神経伝達物質の分泌量が影響しているとされています。

 

 

 

 

 

 

パニック障害と深い関係にある神経伝達物質は主にセロトニンとノルアドレナリンです。
セロトニンには、不安感を抑えるような働きがありますし、
ノルアドレナリンには、不安や恐怖を引き起こしてしまう働きがあるため、これらの物質がバランスよく分泌されなければ、発作を起こしやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

パニック障害の場合は、脳内のセロトニンの分泌量が不足していたり、
ノルアドレナリンという神経物質が大量に分泌されてしまうことが原因として考えられています。

 

 

 

パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPに戻る