パニック障害 首

パニック障害と首との関係について

パニック障害の原因として未だ明確になっていないものの、脳内の神経伝達物質の分泌異常が影響しているのではないかと考えられていたり、

 

 

 

パニック障害の原因は首にあるのではないかとの説もあり、パニック障害を克服するには首を治療する必要があるという情報もあり、近年注目されています。

 

 

 

パニック発作の症状は様々ですが、息苦しさ、動悸、吐き気などと共に強い不安や恐怖に襲われますが、これらの症状は自律神経と大きく関係しています。

 

 

 

首は脳と体を結びつけ、自律神経をコントロールするうえでとても重要な役割を担っているのですが、

 

 

 

首の筋肉が常に緊張し、首まわりがガチガチに凝っている状態だと、自律神経が正常に働かなくなり、異常をきたしてしまうのです。

 

 

 

 

そして首が硬いと、脳への血流が低下し、神経伝達物質が上手く伝わらずに、パニック障害や自律神経失調症などを発症しやすくなると言われています。

 

 

 

実際に首の凝りが影響して、パニック障害の症状が誘発されているのではないかと考えられている医師もおられますし、

 

 

 

 

首まわりが硬くなっている時に、パニック発作が出やすいことを自覚されている方もいるほどです。

 

 

 

 

パニック障害の治療では薬物療法が基本となっていますが、

 

 

 

 

薬で一時的に症状を抑えることができても、薬は根本的な治療にならず治っても再発などのリスクがあります。

 

 

 

 

 

もし首の凝りが影響しているのなら、首の治療も取り入れて根本的な治療を進めていく必要があります。

 

 

 

パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPぺージでは、首の凝りをとる事によって、

 

 

 

 

パニック障害を克服する方法を紹介していますので、参考にして下さいね^^