パニック障害 治る 期間

パニック障害の治るまでの期間とその療法

パニック障害を克服するためには大まかに薬物投与で心の安定を保つ方法と、日常生活のリズムや心の持ちようを改善していく方法があり、

 

 

治療する期間、治る期間は治療法によって異なります。

 

 

・薬物の投与で治療する方法

 

パニック障害を克服するうえで一番一般的な療法が薬物療法です。

 

「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」という薬を投与される場合が多いです。この薬はシナプスにあるセロトニンを再摂取することで心の不安を取り除く抗うつ剤の一種です。

 

半年以上毎日この薬を飲み続けていれば心の不安は徐々にバランスを保たれパニックの発作を起こりにくい心の状態に保ってくれます。

 

症状の度合いによって様々ですが、治療を始めてから1〜2年間で治ることが多いので、薬物投与はとても治療時間を要することになります。

 

 

 

 

・心の安定を保ち治療する方法1【認知療法】
パニックの発作は心の混乱でしっかりと状況を判別できなくなり身体に表れます。しかし、実際は心が乱れる必要などないことをちゃんと認識しておけばパニック発作を起こさなくてもよくなるのです。

 

例えば混乱して「このまま死んでしまう」と自分で思い込んで強い恐怖を感じたとしても、事前にちゃんと「パニックを起こしても死なない」とわかっていればその症状も大きく緩和させることができるのです。

 

この療法は薬物投与と併せて行うことで治療期間を多ければ1年縮小することができます。

 

 

 

・心の安定を保ち治療する方法2【生活習慣療法】
毎日の生活習慣を整えることで穏やかに過ごしパニックの起こしにくい環境を整えることで症状の緩和と治療を促す療法です。

 

薬物投与と認知治療に併せて実施されることが多いでしょう。日常生活に運動を取り入れることでセロトニン促進のリズムを整えたり、セロトニンを多く含む食材で補うことでパニック障害の改善を促します。

 

生活に密着している分個人で行えるため、自分の心にしっかりと合えばその治療速度を大幅に促進してくれるでしょう。

 

 

以上の3点をうまく組み合わせれば、投薬だけの1〜2年より更に早期に治療を終わらせることが可能です。

 

 

それよりも早く最短で確実に治したい方は、パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPで薬を使わない克服方法を紹介していますので、是非おすすめします。