パニック障害 自律神経失調症

パニック障害と自律神経失調症が併発する場合もある

体の異変を感じ、病院を受診したら自律神経失調症と診断を下されたのに、
その後、パニック障害という診断に変わったというケースは決して珍しいものではありません。

 

 

 

 

このパニック障害と自律神経失調症では症状が似ているため、
本当は自律神経失調症なのにパニック障害と診断を下されることもあるのですが、パニック障害と自律神経失調症の違いについてまとめてみました。

 

 

 

 

パニック障害では、突然、激しい動悸、胸の苦しさ、息苦しさ、めまい、吐き気などのパニック発作を伴い、このまま死んでしまうのではないか、、、といった恐怖や強い不安感に襲われる病気です。

 

 

 

 

 

パニック発作に対する恐怖感や不安感から、やがて予期不安や広場恐怖を生じるようになります。

 

 

 

 

 

パニック障害の特徴としては、人の多い場所にいったり、混雑している電車などある特定の状況や、以前に発作を引き起こした場所に行くと「また発作が起こるのでは?」という恐怖や不安感から、発作を頻発させてしまうということがあげられます。

 

 

 

 

 

パニック発作に加え、予期不安や広場恐怖の症状がみられる場合にパニック障害だと診断を下されます。

 

 

 

 

 

一方、自律神経失調症でも動悸、めまいや吐き気などの症状を伴うため、パニック障害の症状とも似ています。

 

 

 

 

 

しかし、自律神経失調症の場合は、パニック障害の人みたいに電車に乗ると発作が起こってしまう、人混みが駄目というわけではありません。

 

 

 

 

 

また、パニック障害と自律神経失調症を併発されているケースも多いと言われています。
例えば、はじめは自律神経失調症による症状にだけ悩まれていても、
それに伴う動悸や息苦しさなどの症状があり、もし電車の中で具合が悪くなったらどうしよう、、、と不安に感じ過ぎてしまうことで、次第にパニック障害を併発してしまうこともあるようです。

 

 

 

 

パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPに戻る