パニック障害 薬 副作用

パニック障害の薬の副作用について

パニック障害は突然、動悸、めまい、息苦しさなどといったパニック発作を生じ、一度パニック発作を経験すると、「またパニック発作が起こるのではないか」という不安や恐怖に襲われるようになります。

 

 

 

しかし、パニック障害の治療を受け、適切な薬をしっかりと服薬すれば症状は徐々に落ち着いてくると言われています。

 

 

 

 

パニック障害では薬を使った治療が基本となっていますが、薬物療法では主に抗うつ薬、抗不安薬を使って治療を進めていきます。

 

 

 

 

【抗うつ薬】
パニック障害は脳内の神経伝達物質であるセロトニンの欠乏が原因ではないかと考えられており、セロトニンを増やす作用に優れるものがよく使われます。

 

しかし飲み始めに副作用があると言われており、

 

特に飲み始めの3日から1週間程度は副作用が出やすいとされていますが、服用を続けていくことで副作用は軽減していくようです。

 

人によって副作用の現れ方は様々ですが、吐き気や口の渇き、めまいなどの症状があげられます。

 

薬の量は、少量から始めて徐々に量を増やしていくため、効果が出るまでに2週間から1ヶ月程度時間がかかります。

 

 

 

 

 

【抗不安薬】
抗うつ薬を補助する役割として抗不安薬を使用されることがあり、主にベンゾジアゼピン系抗不安薬というものが使用されます。

 

抗不安薬は即効性があるため、パニック発作にも予期不安にも有効とされています。

 

抗不安薬の主な副作用として眠気やふらつきがあげられますが、これらの副作用は服用を続けていくと徐々に慣れていき、日常生活に支障をきたすことはなくなっていくようです。

 

しかし、抗不安薬は長期間の服薬を続けると、耐性・依存性というリスクが高まります。

 

 

 

薬を使わない克服方法はこちら→パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPへ