パニック障害 アロマ

パニック障害へのアロマの効果について

パニック障害の症状を緩和させるために、アロマが効果的として注目されています。

 

 

 

パニック障害は強い不安感から体が常に緊張状態にあり、身体がこわばりやすい状態にありますが、

 

 

 

香りを嗅ぐという行為が脳に刺激を与え、リラックス効果や自律神経の乱れの改善、不安感や恐怖感を軽減することができます。

 

 

 

パニック障害に効果的とされているアロマを調べてみました。

 

 

 

パニック障害には、イランイラン、オレンジスイート、カモミール、ラベンダー、ローマン、フランキンセンス、ラベンサラ、ベルガモットなどが効果的なようです。

 

 

 

その中でも特に、オレンジスイートが効果的とされていますので、パニック発作が起こりそうな時や、予期不安が強い場合に試してみるといいかもしれません。

 

 

 

 

パニック発作が起こりそうな時は頓服薬を服用するという方法もありますが、

 

 

 

 

ハンカチにアロマオイルを数滴含ませたものを常に持ち歩き、不安な時や発作が起こりそうな時に鼻にあてて深呼吸をするという方法もあります。

 

 

 

 

実際に外出時には、パニック障害に効果的とされているアロマオイルをハンカチに染み込ませたものを持ち歩き、発作が起こりそうな時に試したところ、落ち着くことができた、気を紛らわすことができたなど、、効果が得られたという情報も多く見受けられました。

 

 

 

 

また就寝前にハンカチにアロマオイルを数滴含ませて、枕付近に置くと快眠効果が得られたり、ぐっすりと寝ることができ睡眠の質を高めることもできます。

 

 

 

 

※ただし、アロマにはリラックス効果がありますが、香りの好みは人それぞれで、好きな香り、苦手な香りがあると思います。

 

 

 

 

いくらパニック障害に効果的とされていても、苦手な香りの場合はストレスに感じてしまいますので、好みの香りを選ばれて下さい。

 

 

 

 

パニック障害 克服|確実に治る治し方のTOPぺージに戻る