パニック障害 克服

この方法で1日も早く確実に克服してください!

 

パニック障害改善プログラムはココをクリック

パニック障害を克服するには

パニック障害の基本的な治療として薬物療法は外せない治療法ですが、

 

 

残念ながら薬を服用しているだけではパニック障害を治すことはできません!

 

 

確かに薬を服用することでパニック発作が抑えられたり、気持ちに余裕が出てくるかもしれませんが、

 

 

薬はあくまでもパニック発作の症状を一時的に抑えるもので、薬を服用しているからといって根本的な治療にはならないのです。

 

 

薬物療法と同時にカウンセリングなどを行い心のケアも必要になってきます。

 

 

何回かパニック発作を繰り返すと、また発作が起こるのではないかという不安や恐怖がつきまとうようになり、

 

 

常に気を張っていたり、緊張感を感じやすくなりますので心をリラックスさせることも克服する上で重要になってきます。

 

 

パニック障害には腹式呼吸も非常に効果的だと言われています。

 

 

腹式呼吸を取り入れたヨガは、何も考えずに自分と向き合うことができ、非常にリラックス効果が得られますのでお勧めです。

 

 

そしてパニック障害は脳内にある神経伝達物質“セロトニン”と大きな関係があると言われており、

 

 

パニック障害になるとセロトニンの分泌が正常に行われなくなってしまい、

 

 

セロトニンの分泌バランスが乱れると心のバランスも崩れ、体調の悪化も招きやすくなります。

 

 

運動、食生活の改善、太陽の光を浴びる、規則正しい生活もパニック障害を克服する上で重要なポイントになります。

 

 

一定のリズム運動を行うとセロトニンが沢山分泌されますし、太陽の光を浴びることでもセロトニンは分泌されます。

 

 

パニック障害は時間はかかりますが、必ず治る病気だと言われています。

 

 

焦らずにパニック障害と向き合っていけば、必ずパニック障害を克服することはできます。

 

 

パニック障害の原因は様々ですが、首に負担がかかることで、神経伝達物質の流れが滞りパニック障害を誘発しやすくなると考えられています。

 

 

姿勢が悪いと日常生活で知らず知らずの間に首に負担はかかってしまうのですが、

 

 

首にかかっている負担を解消するとパニック障害の克服に繋がるというデータもあります。

 

 

根本的にパニック障害を治療したいという方は治療の参考になさって下さい。

 

 

>>パニック障害改善プログラムはココをクリック<<


パニック障害を克服する食べ物

パニック障害を克服するには食生活も非常に重要になってきます。

 

 

 

ただ処方された薬を飲んでいるだけでは、残念ながらパニック障害を克服させることは難しいですし、

 

 

 

パニック障害が治っては何度も再発を繰り返すという人は今までの食生活を見直し改善する必要があります。

 

 

 

パニック障害は脳内の神経伝達物質であるセロトニンの減少が原因で起こると考えられています。

 

 

 

脳内のセロトニンが減少すると、神経伝達がスムーズに行えずにパニック発作を誘発しやすくなってしまうのです。

 

 

 

パニック障害にはセロトニンを多く含む食べ物を積極的に摂り入れると良いと言われていますが、

 

 

 

セロトニンの元となる必須アミノ酸“トリプトファン”を豊富に含む食品を積極的に摂り入れる必要があります。

 

 

 

トリプトファンを豊富に含む食品として、

 

 

 

納豆、乳製品、アーモンド&ピーナッツなどのナッツ類、魚、レバー、牛肉の赤み、カツオ、マグロなどがあげられます。

 

 

 

逆に控えた方が良い食べ物もあります。

 

 

 

カフェインを含んでいるものや、お菓子、炭酸飲料、アルコールなどは極力控えた方がいいと言われています。

 

 

 

食事のバランスが悪く、甘いものばかり食べているなどの偏った食生活は、脳の働きが誤作動を起こしてしまい、動悸、めまい、ふらつきなどの様々な不調として現れます。

 

 

 

また栄養バランスが悪く偏った食生活を続けていると、ストレスに弱い体になってしまいストレスを感じた時に上手くストレスを対処することができなくなります。

 

 

 

パニック障害はストレスによって悪化します。

 

 

 

心身の健康を保ち、ストレスに強い体をつくるためにも、偏食で栄養が偏らないよう、栄養バランスの摂れた食生活を心掛けましょう。

 

 

 

パニック障害の食事による克服法は、実際に高い効果があり、再発も少ないと言われています。

 

 

 

パニック障害を根本的に治療をしたいという方は、食事療法に加え、このような治療法も参考にされるといいかと思います。

パニック障害を克服させる運動

パニック障害を克服させる上で運動も重要になってきます。

 

 

 

最近ではIKKOさんがパニック障害だということを告白されましたが、IKKOさんは毎日ウォーキングを行っていることでも有名ですよね。

 

 

 

毎日何時間もウォーキングをされているようで、スタイルを維持する為に必死に頑張っているんだなぁ〜ぐらいにしか思ってなかったですが、

 

 

 

パニック障害だということを告白され、もしかするとパニック障害を克服させる為にも運動を取り入れていたのかもしれませんね。

 

 

 

ではどのような運動がパニック障害に効果的なのでしょうか?!

 

 

 

パニック障害にはジョギングやウォーキングのように一定のリズムを刻み続ける運動が効果的だと言われています。

 

 

 

強い不安や恐怖を感じるとノルアドレナリンという物質が分泌されるのですが、

 

 

 

ノルアドレナリンには不安や恐怖感を引き起こし、血圧や心拍数を上げるという働きがあるのです。

 

 

 

一方でセロトニンには興奮した状態を抑えるという働きがあります。

 

 

 

セロトニンは一定のリズムを刻み続ける運動を行うことで、脳内にセロトニンという物質が沢山分泌されますので、パニック障害の人にはリズム運動は効果的だと言われています。

 

 

 

太陽の光を浴びることでもセロトニンは分泌されますから、太陽の光を浴びながら行うウォーキングなどは特にお勧めです。

 

 

 

そしてパニック障害はストレスや疲労からパニック発作を誘発しやすくなりますので、適度な運動習慣があるとストレス発散にも繋がります。

 

 

 

しかし軽く汗ばむ程度の運動なら良いのですが、激しい運動は乳酸が溜まり疲労感からパニック発作を起こしやすくなりますので避けるようにして下さい^^;

 

 

 

※運動を義務化してしまうとそれがストレスになりますので、まずは気分の良い日から始めてみるといいかと思います。

 

 

 

パニック障害を克服する上で運動療法もお勧めですが、薬を使わずにパニック障害を根本的に治療する方法もあります。


パニック障害を克服する呼吸法

パニック障害を克服する上で呼吸法も非常に重要だと言われています。

 

 

 

実際にパニック障害に呼吸法が有効だと知り、呼吸法を実践して完治を目標にされている方もおられますし、

 

 

 

主治医に姿勢の改善と呼吸法を身に付けることを勧められ、

 

 

 

発作が起きそうで、不安感が強い時にお腹を膨らませてゆっくり呼吸することを心掛けるようになり、

 

 

 

往復3時間ほどの移動が可能になり、少しづつだけれど回復しているという口コミ情報もあります。

 

 

 

パニック発作を起こす人の特徴は、呼吸が浅く、ストレスで緊張状態が続いている人が多いと言われています。

 

 

 

交感神経が活発になり緊張状態が続くと、次第に呼吸が速くなり、心拍数も上昇しパニック発作が起こりやすくなってしまうのですが、

 

 

 

副交感神経を優位にさせるとリラックスすることができ、心拍数を下げることができます。

 

 

 

副交感神経を優位にさせるには腹式呼吸が効果的で、パニック障害には腹式呼吸が非常に効果があると考えられています。

 

 

 

腹式呼吸はパニック障害を克服する上で非常に優れた対策の一つであり、腹式呼吸を取り入れたヨガもとても効果的です。

 

 

 

ヨガの腹式呼吸をマスターし、日頃から自然と深い呼吸が身につくようになるとパニック障害の対策にとても有効ですし、

 

 

 

ヨガを行い向き合っていくことで心をコントロールすることもできます。

 

 

 

発作が起こりそうで不安な時に焦ってしまうと思いますが、焦ると余計に混乱してしまい激しい発作を誘発しやすくなりますので、まず焦らないことが大切です。

 

 

 

焦らずに不安な時や発作時に呼吸法を取り入れると、徐々にコントロールできるようになってきますよ。

 

 

 

パニック障害がなかなか克服できなくても、パニック障害と上手に付き合っていくことも大切ですよ。

パニック障害、克服するまでの期間

うつ病やパニック障害などの心の病気は、4人に1人の患者さんが回復するまでに2年以上の期間を要し、更にその半分以上が再発していると言われています。

 

 

 

とは言いましたが、パニック障害は適切な治療を受ければ必ず完治する病気だとも言われています。

 

 

 

パニック障害の治療を早期に開始すると比較的完治しやすいようですね。

 

 

 

パニック障害の症状が現れてから、すぐに通院を開始し病院で適切な治療を受けた場合はそれほど治療が長引くことはないと言われているのです。

 

 

 

ですが、パニック障害の症状がありながら1年、2年、、以上放置し、適切な治療がなされていなかった場合は克服するまでの期間が非常に長引くと言われています。

 

 

更にパニック障害が重度化するとうつ病を併発するというケースもあり、そうなるとパニック障害の治療に加えうつ病の治療も必要になってきます。

 

 

 

パニック障害をはじめ、様々な精神疾患はこれだけ時間をかければ治るという病気ではありませんので、焦らずにパニック障害と向き合っていくことも重要です。

 

 

 

パニック障害の治療に薬物療法は外せませんが、薬は一時的に楽になりますが、根本的な治療ではなくパニック障害はただ薬を服用していれば治るというものではありません!

 

 

 

パニック障害を根本的に治療したいのなら、行動療法や薬物療法も取り入れて治療を進めていくといいと言われています。

 

 

 

そしてパニック障害は一人一人症状が異なるように、治療法も異なります。

 

 

 

栄養療法でパニック障害が完治したという方もおられますし、薬を使わずにパニック障害を克服された方もおられます。

 

 

 

パニック障害が一度克服できても、また再発するのではないか?と気にされる方もおられますが、

 

 

 

・パニック障害を克服して10年経ったけれど、パニック発作は起きていない。

 

 

・最後にパニック発作が起きてから7年くらい経ち、その間に数回ほど予期不安に襲われたけれど発作には至らなかった。

 

 

・完治ではないけれど、数年間まったくパニック発作はおきていない。

 

 

 

という実際にパニック障害を患っておられた方の口コミ情報もあります。

 

 

 

パニック障害を薬を使わない治療法もありますので、よろしければ治療の参考になさってみて下さい。

 

 

 

風邪や骨折のように治療に要する期間をあらかじめ予測することは困難ですが、気長に治療を続けていれば、時間がかかっても必ずパニック障害を克服することはできます。

 

 

 

パニック障害の克服までには非常に波があると思いますが、

 

 

 

あなたにあった治療法、あなたのペースでパニック障害と向き合っていって下さい。

パニック障害の克服法

パニック障害の治療の基本として薬物療法があげられますが、ただ病院に通院し処方された薬を服用しているだけで克服するというものではありません!

 

 

 

薬でパニック障害の症状を軽減させることはできますが、根本的に克服することはできないと言われています。

 

 

 

薬物療法に加え、認知行動治療もパニック障害の治療に大変有効だと言われています。

 

 

 

パニック障害を患っている人は本来、恐怖や不安を感じる必要のないことに過敏に反応してしまう傾向にありますが、

 

 

 

認知行動療法は、恐怖や不安を感じる必要のないことに過敏に反応してしまうなどの心のあやまりを治していくことを目的としています。

 

 

 

電車に乗れない、人混みを避けてしまうなどの行動をコントロールできるようにしていく訓練療法です。

 

 

 

そして暴露療法もパニック障害を克服する為に大変有効な治療法です。

 

 

 

不安や恐怖によって避けるようになってしまった場所や状況に少しずつ慣らしていくことで、次第に苦手な場所を克服できるようになり自信をつけて治していく方法です。

 

 

今まで不安や恐怖によって避けてきた場所が、パニック発作とは関係がないということを身をもって確かめることで自信を取り戻し、克服することができるようになります。

 

 

ただし自分で行わずに主治医の指導の元、少しずつ目標をクリアしていくようにして下さい。

 

 

 

パニック障害を克服する上で、予期不安からまた発作が起こるのではないか、と心配しすぎたり、発作が起こった時に焦ると症状がひどくなり悪循環から抜け出せませんので、焦らずに落ち着いて対処することも大切なポイントです。

 

 

 

不安時やパニックが起こった時に腹式呼吸を行ってコントロールすることも非常に効果的ですし、パニック障害を克服する上で大切なポイントになります。

 

 

 

パニック障害には様々な治療法がありますが、首もパニック障害と大きな関係があります。

 

 

 

首は神経伝達物質の通り道ですが、首に異状があり流れが滞ってしまうとパニック障害を引き起こしやすくなります。

 

 

 

再発を繰り返す、薬の効果が全然感じられない、何度病院を変わっても良くならないという方は、根本的に改善する治療法を試されることをお勧めします。

 

 

 

1日も早く、確実に克服したい方はこちら↓